水道の排水管の詰まりの原因や修理方法

水道の排水管の詰まりの原因や修理方法 毎日使う水道に不具合が起こったら、慌てず正しく対処することが大切です。家庭で起こる水回りのトラブルの中でも特に多いのが、排水管が詰まってしまう不具合です。トイレやキッチンなどでスムーズに水が流れていかないというときは、排水管が詰まってしまっている可能性があります。排水管の詰まりの原因や対処法などをチェックしておき、万が一の事態に備えましょう。
また、トラブルが起こっているのにそのまま放置してしまうと、さらに状況が悪化してトイレリフォームや修理に余計なお金や手間を費やしてしまいかねません。小さなトラブルであっても見逃さず、気付いたらすぐに対処するように心がけましょう。


■排水管の詰まりの原因

排水管の詰まりの原因としては、排水管に汚れが堆積していることが考えられます。キッチンであれば食べ物の残りカスや油、お風呂場であればシャンプーや石鹸のカスや髪の毛などが、知らず知らずのうちに排水管の内部に詰まっていきます。
排水口には通常フィルターが付いていますし、キッチンであれば排水口用の水切りネットである程度の異物はキャッチできますが、目に見えないような細かいものは、フィルターや水切りネットをすり抜けて排水管にまで流れ出てしまいます。それらが少しずつ蓄積されていき、排水トラブルとなって顕在化するのです。また、お風呂場で子どもが遊ぶためのおもちゃが誤って排水口に流れてしまい、それが原因で水が流れなくなるというケースもあります。

■自分でできる排水管の詰まりの対処法
排水管のつまりを解消するために、自分でもできる手軽な方法がいくつかあります。まず、ホームセンターやドラッグストアで市販されているパイプクリーナーを使用する方法です。パイプクリーナーは、汚れを溶かしたり、分解したりする作用のある強力な洗剤です。使用する際は十分に換気し、手袋やマスクを着用するなどして用法用量を守りましょう。
100円ショップでも手に入る重曹とクエン酸を使う方法は、洗剤を使わないため安全性が高い対処法です。排水口の周りから排水管の中に向かってたっぷりと重曹の粉を振りかけたら、同じようにクエン酸の粉を振りかけます。そこへ、少しずつぬるま湯を流します。二つの粉の中和反応で炭酸ガスの泡が発生し、この泡が排水管の汚れを浮かし出してくれます。排水管の内部に泡を押し込むようにぬるま湯を流していき、泡が排水管に入ったところで流すのをやめ、1時間ほど待ちます。一晩放置しても大丈夫です。最後に、お湯で泡を洗い流して完了です。

■屋外の水道 工事が必要になることも

排水トラブルが発生した場合は上記のような方法で屋内排水管の詰まりを解消しますが、もしも詰まりの原因が屋外の排水管だった場合は、屋外の排水管の清掃が必要になります。屋外の排水管の清掃は自分で行うことが難しいため、水道修理業者に依頼するのが手っ取り早いでしょう。清掃作業には、トーラーと呼ばれる長いワイヤーの付いた工具が使われます。自力では難しい屋外の排水管の清掃作業も、水道修理業者がトーラーを使って排水管内部の洗浄や異物の除去を行います。
しかし、屋外の排水管の破損が原因で詰まりが発生している場合は、清掃ではなく排水管の交換が必要となります。また、排水マスと呼ばれる、家から出た排水や汚水を家の外にある排水本管へ流す際に、ごみを溜めておくための設備の破損が原因で詰まりが発生していることもあります。この場合も、排水マスを新しいものに交換することになります。

■まとめ
パイプクリーナーや重曹とクエン酸を使用した排水管の清掃は、日常生活の中でも手軽に行えるものですので、面倒がらずに定期的な掃除の一環として実践することをおすすめします。自分で清掃しても詰まりが解消しない場合は、排水管や排水マスの破損が原因であることも考えられますので、すみやかに水道修理業者を呼ぶのが賢明です。賃貸住宅で水道の修理の必要性がある場合は、大家さんや管理会社に連絡して状況を伝えて対処してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース