給湯器で水漏れが起こったら水道修理業者に依頼しよう

普段、あまり定期的なメンテナンスや点検をする機会のない家庭の給湯器は、突然の水漏れトラブルに見舞われがちです。実際に、給湯器の故障で最も多いのが水漏れのトラブルであるといわれています。
給湯器の水漏れは、小さなトラブルのように思われがちですが、水漏れを放置すると後で後悔することも多いです。そのためにも水漏れした際にチェックすべきポイントは知っておくと役に立つでしょう。

■給湯器 水漏れを放置したらどうなる?

給湯器の水漏れを無視して使い続けたり修理を先延ばしにしたりすると、危険な状況や被害の拡大を招く恐れがあります。例えば、給湯器の内部でガスが不完全燃焼することにより一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒を引き起こすケースもあるため大変危険です。給湯器の周りの電気系統に漏れた水がかかってショートしてしまう危険性もあります。一軒家の2階やマンションなどでは、漏れた水が階下の部屋にまで浸透して大規模な修理が必要になる可能性があります。
大規模な修理費を払ったり、人命にかかわる危険な状況に陥ったりする可能性を考えれば、単なるちょっとした水漏れだからと侮らず、見つけ次第すぐに対処することが大切です。

給湯器 水漏れしたらどこから漏れているかをチェック

給湯器の水漏れに気付いたら、まずは給湯器の運転を停止させます。給湯器のタイプによりますが、大体の場合はタッチパネルで電源を切ることができます。それから、給湯器のどこから水漏れしているのか、水の出どころを観察して突き止めます。
凍結防止や内部の圧力を下げるために水を抜く水抜き栓からの一時的な水漏れであれば、それは故障ではなく正常な機能の一つであり、ほとんどの場合修理の必要はありません。給湯器の運転を再開し、通常のようにお湯を出してからしばらく様子を見て、水漏れが止まったようなら一時的なものと判断できます。一方、水抜き栓の水漏れが全く止まる気配がない、または水抜き栓ではなく配管の接続部や給湯器本体から水漏れしている場合は、修理が必要になるため使用を一切中止し、水道修理業者を呼びましょう。水道修理業者なら、プロの技術で給湯器の水漏れトラブルを解決してくれて、使用を再開することができるでしょう。

■まとめ
一般的に家庭用給湯器の寿命は、メーカーの設定では10年とされている場合が多いようですが、使用頻度や家族の人数によってはそれ以上使い続けられる場合もあります。ただ、古い型の給湯器はメーカーの部品の取り扱いが無くなり、修理対応が終了してしまっているケースもあります。購入してからずいぶん経っている給湯器をまだお使いなら、水漏れのトラブルが起こってしまう前に買い替えることも検討した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ