給湯器の修理を水道修理業者に依頼するのが安心な理由

給湯器が故障する原因は、実に様々です。例えば長年にわたって給湯器を使い続けた場合、経年劣化によるパーツや部品の不具合が起こりやすくなります。また、家庭用の給湯器を大人数で過度に使用すると給湯器に負荷がかかり、寿命を縮めてしまうこともあります。冬場で気温が氷点下になるような環境に設置している給湯器では、配水管の内部に溜まった水が凍結して配水管が破裂することもあります。

■給湯器 修理は自分でしない方が良い

給湯器の故障を自力で直したいと思う人は多いかもしれませんが、素人が手を出すのはやめておいた方が良いでしょう。電気給湯器は電気機器であるため、故障の原因が想像以上に複雑である可能性があり、下手にいじってしまうと余計に事態が悪化することもあります。また、ガス給湯器ではガス漏れを起こしていることもあり、その場合は非常に危険です。
簡単な部品の交換なら、ホームセンターで売っているパーツや手持ちの工具を使えば自分で直せそうだと感じるかもしれませんが、無理はせず水漏れなら水道修理業者、ガス漏れならガス給湯機メーカーやガス会社などにすぐに依頼するのが最善の策です。専門業者であれば、様々な給湯器の故障のパターンを熟知していますので、原因の特定から修理までスムーズに対応してもらえます。

給湯器 修理は専門の業者に任せるのが安心で早い

故障を自分で直そうとして方法を調べたり工具やパーツを揃えたりしてお金や時間を費やしても、結局直らなかったり、さらに不具合がひどくなってしまったりするくらいなら、最初から専門の業者を呼んで解決してもらいましょう。修理料金はかかりますが、給湯器を安全に、快適に使い続けるために必要な出費と割り切ることも大切です。
給湯器を設置してすぐにトラブルが起こった場合は、設置時の施工にミスがあった可能性があるため、修理業者ではなくまずは設置をした業者に連絡して対応してもらいます。慌てて修理業者を呼んでしまい、余計な修理代を負担してしまわないようにしましょう。

■まとめ
場合によっては、修理ではなく給湯器自体を買い替える必要性が出てくることもあります。今ある給湯器が古く、そのまま使い続けるよりも買い替えた方がトータルで見て安く上がるケースも考えられます。そういった買い替えの判断も、自分では難しいものです。給湯器は、家族が毎日使う大切な設備の一つです。安心安全に使っていくためにも、メーカーや水道修理業者などのプロの力を借りましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ